患者さんの声

あずま腎クリニック

MENU

あずま腎クリニック

TEL
043-310-5831
初診受付サービス

患者さんの声VOICE

M.Hさんの声

透析を始めて4か月、療養休暇・有給休暇の残りが少なくなり、近くに夜間透析を行っている病院は無いか?働きながら透析を受けられる病院は無いものか?探しているときに【あずま腎クリニック】を知りました。電話での問い合わせにも、丁寧に対応していただきました。しかし先生の方針として「長時間透析、6時間透析」との事。正直『エー、6時間も』『それは、無理だ!4時間でも長いのに』と思いました。何故なら当時、私は、まだ体がムズムズしていてベッドの上で数分としてジッとしていられなかったからです。とは言っても他にアテは無し、東先生にお世話になる事にしました。

腹膜透析を経て血液透析へ、1年前は70㎏以上あった体重は、60㎏(ドライウェイト58.5kg)を割っていました。このまま行ったらどうなるのか?どんどん体力が落ちていくのを感じている時でもありました。でもその効果は、すぐに表れました。転院当初、東先生から、「こんなに悪い数値の人は、この病院には居ませんよ」と言われた[リンの値]は、12月21日に9.9有りましたが、3月7日には4.4にまで下がりました。カリウムの値も安定し、生野菜や果物も気にせず食べられる様に成りました。わずか3か月足らずで改善されていたのです。息苦しくて眠れない夜が無くなりました。駅の階段を一気に上がれるようになりました。

いつの間にか、無くなっていた『すね毛』が生えてきました。食事中に汗をかく様になりました。『水分が取れなくてどうしたら良いのだろう?』と心配していた夏は、大好きなスイカも食べました。ビールも飲みました。これと言った問題も無く春・夏・秋、冬と過ごして来ました。6時間透析を始めて丁度1年が経過。先生に怒られるかもしれませんが、今では殆んど食事の制限はしていません。家族の先頭に立って外食にも出かけています。家族と一緒に、食べたい物が食べられる。先生のおっしゃる通り、「しっかり食べて、しっかり透析」。今、私が気を付けているのは、食べ過ぎないこと、水分を取り過ぎないこと。現在のドライウエイト68㎏、これ以上太らないようにする事が今の課題です。週3回・18時間病院に居なければならない、この拘束を除けば、ほとんど何の制限も感じていません。昨年の夏には、ゴルフを再開しました。今年は、もう少し体を鍛えてソフトボールも再開するつもりです。偶然ではありましたが【あずま腎クリニック】に出会い、長時間透析を受ける事が出来て本当に良かった、と感謝しています。

H.Nさんの声

血液透析歴6年1ヶ月、長時間透析歴1年6ヶ月
現在、6時間透析に変更して本当に良かった。4時間透析のときは、病院まで約1.2km、徒歩15分、長時間透析に変更しようと思った時は、片道27km、車で45分の時間差を考えましたが、動けなくなったときは、またその時のこととして(先のことは)考えず、長時間に変更しました。今は遠いとか、透析時間が長いとか、気にならなくなりました。

透析日の朝は、明るく元気に「行ってきます」と仕事に行く気分と思っています。透析治療を受ける前から、お腹の筋力を鍛えようと始めた機能改善体操、ヨガ、ピラティスなどの最中に動悸がすることが多く、どうなるのかと悩みました。今はほとんど動悸もありません。インストラクターの方に、「血液透析をやっています」と伝えると、「本当に、透析をやっているの?」、「健康な方と変わりないですねぇ」と言われます。健康な方と変わりない生活を送れるように長時間透析は続けます。元気に歩いて、動いて、働いて、前を見て趣味など楽しみ、そのためにはしっかり長時間透析をやる。
それと、少しは地域のためにボランティア活動をやっていこうと思います。患者のためを思い、長時間透析治療を取り入れてくれた、当院院長、そしてスタッフの皆様に「感謝」です。本当にありがとうございます。

F.Hさんの声

私は2016年3月からあずま腎クリニックにて人工透析治療を開始しました。現役で働いていた2002年頃からわずかながらクレアチニン値が上昇し始め2012年にクレアチニン値が3になり取手にあるクリニックで24時間畜尿検査、たんぱく質・塩分制限と腎臓・降圧薬を大量服用しできるだけ透析導入時期を延ばす「腎臓保存療法」を実施してきましたが、クレアチニン値も上昇しステージ5となったので、2016年1月に血管の専門医である飯田橋のクリニックにてシャントを作成し透析導入に備えました。クレアチニン値も6となり、全身の浮腫みや食欲不振など尿毒症の症状も出始めたので透析施設の見学を開始。自宅から近い二つの総合病院の透析室を見学。どちらも4時間透析でした。

最終的には自宅から最短で歩いて通える透析クリニックでお世話になる予定でしたが、娘が色々調べてくれて長時間透析の効果が素晴らしく、千葉県ではおゆみ野にあるあずま腎クリニックで実施しているからと施設見学有無の確認もしてくれました。家から12kmと少し遠いかなと思いましたがゴルフでよく走った道でしたので近く感じました。見学に訪問した折に東先生から長時間透析のメリットを懇切丁寧に教えていただき、なにより「透析して元気に動けるように!しっかり食べてしっかり透析を!」食べ歩きが趣味の私にはぴったりかなと思いました。そしてその場で血液検査やレントゲン撮影をしてくれて、全身水ぶくれ状態で肺に水がたまる酷い状態であることも判明し、即こちらで透析をお願いする気持ちになりました。

透析施設は新しく明るい部屋でベッドではなく椅子席で透析を行います。その椅子は飛行機のビジネスクラスの椅子とファーストクラスのフルフラットになる椅子の中間の感じの全自動で、姿勢も高さも変えられるので快適です。導入期は3時間を3回しましてすぐに6時間透析を開始しました。身体が大きいので透析効率を更に上げるようにとダイヤライザーも徐々に大きくし血流も250まで上げてもらいました。毎月の透析前後の血液検査の結果では透析効率も貧血も改善しています。

1月から6時間30分の透析にと30分伸ばし結果も良くなっています。透析後は体調も良く、地方での会議出張や一泊の旅行、松島や新潟までのツーリングと各地の美味しい食事を楽しんでおります。運動もテニスを再開し以前より動けるようになってきました。水ぶくれになった身体から7kg以上除水しスマートになったのですが、食事が美味しくて体重が戻り始めメタボにならないよう気を付けています。周囲からは「本当に透析しているのですか?」驚かれます。まさに長時間透析のお陰かな?と思っています。

K.Hさんの声

私は多発性嚢胞腎のため2006年2月に血液透析導入となりました。最初は週3回3時間の透析でしたが慣れるまで辛かったです。しばらくして慣れたものの、今度は食べ物や水分制限に直面しました。元々食べることが大好きだったので、この事が一番辛く、ストレスでした。何年か経った頃、透析時間が3時間半になりましたが、そのわずか30分がとても長く感じられました。その上血圧が高く、透析が終わってから降圧薬を内服し下がってから帰るという日々が続きました。リンも高く、レナジェルは18錠も服用していました。

そんな時に東先生に出会いました。あなたは若いのだからもっと透析時間を延ばした方が良いと熱心に勧めてくれました。息子も多発性嚢胞腎のため透析導入となり、息子ともども、あずま腎クリニックの開院に合わせて転院しました。最初は6時間の透析でしたが、全く長く感じず、3時間半の時より楽に感じました。終わって歩き出した時、体が軽く、足がスッと上がる感覚に驚きました。長時間透析をするようになってから、ばね指になり始めていた指がすっかり治ってしまい驚いています。血圧もすっかり下がり降圧薬はいらなくなり、今では沈降炭酸カルシウムを1回2錠内服している程度です。今まで、自分だけが家族と別の食事をしなければならなくて辛かったのですが、長時間透析をするようになってから家族と同じものを食べられるようになりました。

娘からは肌のつやが良くなったと言われ、ドライウエイトも7kgも上がりました。私は透析患者なのですが、普段はそれを忘れてしまうほど元気になり、娘や友達と旅行をしたり、あちこちに出かけたりして生活を楽しんでいます。今は7時間の透析をしていますが、全く苦にならずむしろ楽しみにしています。長時間透析に出会えたことを感謝し、これからも楽しく透析をしていきたいと思います。

I.Yさんの声

クリニックの開業前の平成25年4月に見学会があり、東先生やスタッフの方から長時間透析やリクライニングチェア、無料で使えるTVやDVDその他の丁寧な説明があり、かもめ日立クリニックで長時間透析を受けている患者さんの体験談も聞けて、その日のうちに長時間透析をしようと決めました。平成25年5月6日から6時間透析を始めました。
開院したてで、患者よりスタッフの方が多く、スタッフが付きっきりで会話をしたり、TVを見たりして、6時間が長く感じられず、透析後には今まであった頭のもやもやもすっきりしました。

今日から何を食べてもよいが食べ過ぎないようにとだけ話がありました。クリニックの帰りにスーパーに寄り、ステーキ肉やメロンなどを買って帰りました。その日の夕食は旨かったです。4時間透析の時は透析の次の日は半日ぐらい具合が悪く家でゴロゴロしていたのに、6時間透析にしてからは朝5時前に起きられるようになり、家族から早すぎるので静かにしてと言われる程です。4時間透析をしていた3年間は花の手入れも出来ずにいたのですが、長時間透析になってから花の手入れもでき、クレマチスやクンシランなど50鉢あまりの花を咲かせ、透析待合室を少しですが花で飾れました。
今年もクレマチスを飾れたらいいなと頑張っています。6時間透析を始めて6ヶ月くらいたったところで7時間透析にしました。長時間透析を始めてから検査データも良くなり、薬もアーガメートゼリーや炭酸カルシウム、降圧薬などがいらなくなりました。

S.Nさんの声

透析を始めて2年8ヶ月になります。長時間透析をするようになって1年8ヶ月です。1年間は4時間透析をしましたが、4時間をベッド上で過ごすのが大変苦痛でした。透析後は調子が悪く、帰宅して家事をするのが辛くて横になることが多かったのですが、ご縁があってあずま腎クリニックさんにお世話になることになり、6時間透析をすることになり、それがとても快適で、テレビ等の設備も整っていて快適な6時間を過ごしています。透析後の体調も良く、家事等スムーズに出来ます。不幸にして透析患者になってしまいましたが、これからも長時間透析をしながら、生活の質を高めていきたいと思っています。

K.Aさんの声

私は平成21年12月より腹膜透析を導入していましたが、平成25年9月に心筋梗塞を発症した後、透析不足を指摘され、10月より血液透析と腹膜透析を併用したハイブリッド治療を行っていました。平成26年10月に東先生と出会い、腹膜透析も5年経過しており、今後のリスクを考えると早い時期に血液透析に移行した方が良い、私の病状を考えると長時間透析が適していると勧めて頂きました。4時間の透析でも苦痛であった私は、6時間透析という言葉に躊躇しましたが、先生の長時間透析の効能の話を信じ導入に踏み切りました。

快適な医療環境の中、苦痛を感じることもなくスムーズに受け入れることができました。4時間透析の時は、透析後の倦怠感で何もすることが出来ず、翌日の午前中まで体調不良が続き、顔色も悪く家族や友人達も心配していましたが、長時間透析を受けるようになり、透析後の血液検査の結果は尿素窒素、クレアチニン等は著しく改善し、長年苦しんでいた貧血の症状が大幅に改善され、造血剤を使用しなくともほぼ正常に近い状態となりました。更に驚いたことには5年間治療しても治らなかった顔面麻痺の症状がなくなったことです。
透析後の状況は倦怠感もなく、活動的な生活が送れています。妻も、一緒に旅行することは不可能だと思っていたようですが、顔色の良さと、歩くスピードの速さに驚き、喜んでいます。友人達と集うと「お前が一番健康そうに見える」と言われています。食事も家族や友人とあまり変わりないものを適量食べることができ、本当に良かったと、長時間透析を勧めていただいた東先生に感謝しています。

T.Sさんの声

2年近く前になるが、自分が透析になるとは考えてもみなかった。近所の透析患者さんを見ると、自分のことをするのが精一杯で、仕事などとても出来る状態ではなく、私自身も大変だなと思っていました。いざ、自分が透析を始めてみると、4時間の透析では食事制限や水分制限などがあり、とても辛い。自分自身が動くことが精一杯であり、仕事などとても出来る状態ではなかった。

その後、あずま腎クリニックに転院し5時間になり、6時間になり、働ける患者でなければ透析をやっている意味がない、自営業(農業)をするためにもこのままではだめだと思い、先生の指導により現在は7時間透析を行っております。時としては、疲労感もありますが、食事、水分制限もほとんどなく、今までのようには行かないけれど、仕事も出来るようになりました。先生、スタッフの皆様には感謝申し上げます。これからもよろしくお願いいたします。

A.Sさんの声

移植後、再導入した者ですが、過去に6年間ほど4時間透析をしていました。4時間の透析の時には、月曜日は除水量も3.5kgは毎回増えてしまっていたので、透析後にはかなりぐったりする日もありました。それと頭痛が3年くらい続き、本当に辛かったのを覚えています。現在は長時間透析のおかげか、不思議と前の時よりのどが渇かないし、以前のように透析後に水のがぶ飲みもしなくなり、除水量もかなり減りました。それによりさらに透析のだるさも軽減されていると思っています。もう1点は色素沈着がすごくて、真っ黒でした。勿論日焼けではなく、透析不足からだったと思います。当時はクレアチニン14.7に尿素窒素も90はありましたから。足のムズムズや痒みもしょっちゅうありました。
今は本当にそういうことも無くなりました。私は透析をしながら食事制限とかとても苦手なタイプなので、長時間透析で自分なりにデータを見ながら食べたいものを食べて普通に近い生活をしていこうと思います。

K.Hさんの声

私は透析を始めて3年強になります。この間、3時間、4時間、週2回、週3回と透析を経験し、病院を4カ所も変えました。しかし、日を追うごとに検査数値が悪化、体調も悪く、透析の後、終わって家に帰りすぐに横になることが多く、また家族に「病院を変えたい」、「先生と話せない」と愚痴や文句ばかり言っていました。家族も困り、他の病院探しを始め、ネットであずま腎クリニックを見つけ、6時間透析をやっていて体調が良くなるらしいので変えてみたらと、家族に強く勧められました。私は6時間透析と聞いて、時間が長くて耐えられるか悩み、一度先生の話を聞こうとあずま腎クリニックを受診し、先生から身体の中の毒素は3時間や4時間では十分に取れないこと等、詳しく説明していただきました。

しばらく悩みましたが、妻とも相談し、先生にお願いすることにしました。私は今、6時間透析を始めて3ヶ月くらいですが、信じられないくらい体調が良くなり、血圧は下がり、食事はおいしく家族と同じものを食べられ、身体が軽く感じられるのです。以前は車の運転も、時には集中出来ないこともありました。この頃は、家族からは、「肌つやが良くなったよ」とからかわれる始末です。孫からは「おじいちゃん、良かったね。長生きしてね。」と言われます。以前、家族は食事を作るのに悩んで、「何作ったらいいの」と言っていたのに、今では食事作りが苦にならないようです。また、旅行に行く気にもなってきました。あずま腎クリニックで6時間透析に変えて、本当に本当に良かったとつくづく思います。今までの3年間はもったいない年月だったと・・・。先生には感謝の念でいっぱいです。大げさではなく、人生が変わりました。先生、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。